モスクワ音楽院 留学情報

モスクワ音楽院での学生生活をイメージできるよう、ブログ形式にまとめてみました。私自身は、音楽は素人なので、主にモスクワでの日常生活や音楽院・学生寮の様子、入学手続きや日本との往復などの話題を中心に、父親の目線で紹介していきます。モスクワの今をできるだけ実感していただけるように、写真もたくさん掲載するようにしたいと思います。モスクワ音楽院留学を考えている本人やご両親にとって、少しでも参考になればうれしく思います。

モスクワのホテルについて(2)

ー   モスクワ音楽院へのアクセスのよいホテルから   ー

前回、紹介したモスクワのホテルに続いて、私と家内がこれまでに利用したモスクワ音楽院クレムリン赤の広場へのアクセスが比較的よいホテルから3つ紹介します。

3つ目に紹介するホテル、ホリディ・イン・モスクワ・タガンスキーからモスクワ音楽院へは、地下鉄かタクシーが必要になります。

 

前回の記事、モスクワのホテルについて(1)はこちら(↓)

ー   マルコポーロ・プレスニヤ   ー

f:id:yurikazunopapa:20171014114653j:plain

この写真はホテルの予約サイト(booking.com)から引用させていただきました。 

 

Official Site : http://www.presnja.ru/en/default.html

 

モスクワの中心近くに位置し、地下鉄の最寄り駅(⑦号線のプーシキンスカヤまたは②号線のトベルスカヤ;両駅は連絡通路でつながる乗換え可能駅)から徒歩7~8分、モスクワ音楽院まで徒歩10分程度、クレムリン赤の広場までも徒歩圏内(ゆっくり歩いて20分ほど)の閑静で便利な場所にあります。

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115049j:plain

客室は広くて落ち着いたインテリア、窓はトリプルガラスで寒い冬でも暖かく過ごせそうです。浴室はバスタブ付きでシャワーの湯量も十分でした。

 

フロントの女性スタッフはみな英語が上手で、頼みごとにも笑顔で丁寧に対応してくれました。

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115709j:plain

外貨の両替はフロントでもできますが、ロビー階にはCDが設置されており、日本のSMBC信託銀行のマルチマネー口座に円の普通預金(既出;本稿最下段のリンク参照)があれば、キャッシュカードで直接現地通貨ルーブルの現金を引き出すことができます。

 

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115134j:plain 

朝食はブッフェ形式、料理の種類も豊富でリクエストするとその場でオムレツを調理してくれます。調理スタッフから「具はどれがよいか?」とロシア語で聞かれるので「フショー(全部)」と答えればOKです!(笑)

 

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115217j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115247j:plain

朝食会場のレストランとブッフェ

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115800j:plain

このギャラリー・スペースの奥の扉(左側)が朝食会場のレストランの入口です。

 

 

f:id:yurikazunopapa:20171014115342j:plain

ホテルの正面玄関横には華やかなオープンカフェがあり、夜遅くまでお酒と軽食が楽しめます。

 

宿泊料金は、オフシーズンならスタンダードルーム利用で1泊1室(朝食なし)税込み10,000円以内で利用でき、抜群のコスパです。(2017年10月;予約サイト調べ)

評価は4つ星ですが、私的には5つ星にせまるパフォーマンスだと思いました。

 

ー   メトロポール   ー

f:id:yurikazunopapa:20171014115431j:plain

クレムリンから徒歩5分、チアトラーリヌィ大通りに面しています。 

 

Official Site : http://metropol-moscow.ru/en/

 

f:id:yurikazunopapa:20171014230650j:plain 

このホテルは創業1905年、客室数388、モスクワで最初に建てられたアールヌーヴォー様式の建築物の一つなのだそうです。今日でも、モスクワを訪れる各国の政府関係者や著名人などが利用する伝統と格式あるホテルです。

チアトラーリヌィ大通りを挟んでボリショイ劇場とツム百貨店の向かい側に位置し、モスクワの中心クレムリン赤の広場まで徒歩5分、最寄りの地下鉄駅(②号線のチアトラーリナヤまたは③号線のプローシシャチ・レボリューツィ(革命広場))へも徒歩3分ほどで行ける大変便利な立地です。 

 

f:id:yurikazunopapa:20171014123810j:plain

朝食会場のレストラン「メトロポール・ホール」

 

f:id:yurikazunopapa:20171014123900j:plain

レストランに設えられたクリスマスの飾りつけ 

 

f:id:yurikazunopapa:20171014124015j:plain

このホテルは、各国料理が体験できる素晴らしい朝食ブッフェが評判です。料金は大人1人2250ルーブル)とかなりお高いのですが、モスクワを訪れるなら、一度は体験しておきたいレストランと朝食だと思います。(↓)

https://gallery.mailchimp.com/eaf67ba3b21af9e116000d024/files/eng.pdf (2017年10月)

 

宿泊料金は、オフシーズンの期間の場合、スタンダードルーム利用で1泊1室(朝食なし)税込み18,000円程度~、です。(2017年10月;予約サイト調べ)

ホテルの朝食ブッフェの PR-Video(youtube)はこちら(↓)

 

 

ー   ホリデイ・イン・モスクワ・タガンスキー(旧名;シモノフスキー)   ー

f:id:yurikazunopapa:20171014124238j:plain

この写真はホテル予約サイト(booking.com)から引用させていただきました。 

 

Official Site:https://www.ihg.com/holidayinn/hotels/us/en/moscow/mowsm/hoteldetail

 

f:id:yurikazunopapa:20171014124742j:plain

エントランスとレセプション・カウンター

 

f:id:yurikazunopapa:20171014124845j:plain

ロビー階のラウンジ・スペース 

 

ノヴォスパスキー通りに面した220の客室を有するカジュアルなホテルです。

モスクワの南側にあるのでドモジェドボ空港から近く(およそ40km)、地下鉄の最寄り駅(⑦号線のプロレタールスカヤ)まで徒歩5分、モスクワの中心クレムリンまでは⑦号線のクズネツキー・モスト駅で一度降車、連絡通路を徒歩で①号線のルビャンカ駅に移動し①号線の電車に乗り換えて1駅、トータル約15分の便利な立地です。

 

f:id:yurikazunopapa:20171014124451j:plain

最寄りの地下鉄駅 プロレタールスカヤ入り口

 

f:id:yurikazunopapa:20171014124429j:plain

地下鉄駅の手前にあるショッピング・モール

 

ホテルからプロレタールスカヤ駅まで行く途中には、スーパーやKFC、カフェなどが入っているショッピング・モールもあり、何かと便利です。

広めの客室はデスクを備えたモダンなインテリア、トイレと浴室は清潔でバスタブ付き、シャワーの湯量も十分でした。

 

f:id:yurikazunopapa:20171014124644j:plain

朝食会場のレストランは明るく機能的なデザイン、ブッフェはシンプルなメニューですが、料理はいずれも美味しくいただけました。

部屋までホットコーヒーを持ち帰ることもできて、なかなか気が利いていました。

 

料金は、オフシーズンですとスタンダードルーム利用で1泊1室(朝食なし)税込み10,000円程度で利用できるようです。(2017年10月;予約サイト調べ)

 

SMBC信託銀行のマルチマネー口座に関する説明はこちら(↓)