読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モスクワ音楽院 留学情報

モスクワ音楽院での学生生活をイメージできるよう、ブログ形式にまとめてみました。私自身は、音楽は素人なので、主にモスクワでの日常生活や音楽院・学生寮の様子、入学手続きや日本との往復などの話題を中心に、父親の目線で紹介していきます。モスクワの今をできるだけ実感していただけるように、写真もたくさん掲載するようにしたいと思います。モスクワ音楽院留学を考えている本人やご両親にとって、少しでも参考になればうれしく思います。

モスクワのメトロ(3)

モスクワのメトロ(地下鉄)

⑥ 運賃体系

次は、モスクワのメトロの運賃体系についてです。

運賃は乗車距離に関係なく、乗車1回分ずつ精算されるシステムです。また、乗り換え可能な駅で何度乗り換えても、最終目的駅の出口を出るまでは乗車1回とカウントされます。

乗車券は1回単位(1回券は50ルーブル、2回券は100ルーブル)でも買えますが、接触式の磁気カード型回数券(使い捨て)を購入すると、11回券で360ルーブルでした。(2015年5月)11回券を購入すれば、1回当たりの料金は約33ルーブル(約60円)ですから、相当割安な料金設定といえるでしょう。

 

f:id:yurikazunopapa:20160326025852j:plain

 駅の ◎のマークがつながっているカ所が乗り換え可能駅です。(↑)

 

f:id:yurikazunopapa:20160326025912j:plain

 1回券、2回券、5回券、11回券など全てこの使い捨て・厚紙製の磁気カードを使用しています。(↑)

 この 磁気カードはメトロだけでなく、トラム(路面電車)、トロリーバス、バスとの共通乗車券となっており、モスクワ市内はいずれの交通機関を利用しても、距離に関係なく乗車回数1回単位で精算する、わかりやすくシンプルな料金体系になっています。 

券売機で買えるのは1回券と2回券のみで、5回券以上は窓口で買うことになります。

 

f:id:yurikazunopapa:20160326030114j:plain

券売機のパネルは英語表示も選択できるのですが、とにかくよく故障しています。全ての券売機が故障していて、乗車券は窓口でしか買えないこともしばしばです。

 

f:id:yurikazunopapa:20160326030130j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160326030147j:plain

券売機はロシア語と英語表示を選択できます(前述)が、窓口のお姉さんはロシア語のみです。(笑)(↑)  

※2016年3月第4週追記:

ところで、今回、あらためてモスクワ市地下鉄公社のオフィシャルサイトを確認したところ、5回券と11回券の表示がなくなっており、回数券は20回券(650ルーブル)、40回券(1300ルーブル)、60回券(1570ルーブル)の3種類だけになっていました。ロシアでは、制度改正が頻繁に行われるので常に注意が必要です。

※2017年3月5日追記:

2017年2月にモスクワでメトロを利用したみたところ、運賃が1回券55ルーブル、2回券110ルーブルに値上げされていました。同時に、回数券も20回券(720ルーブル)、40回券(1440ルーブル)、60回券(1700ルーブル)にそれぞれ値上げされていました。ロシアでは、公共料金が一度に10%以上値上げされることもめずらしくありません。

→ http://mosmetro.ru/tariffs/unity/

 

⑦ 駅の構造

続いて、駅の構造について見ていきましょう。

- ホーム中央に広いコンコース -

ほとんどの駅は1面2線の島型となっており、上下線の乗降ホームの間に広いコンコースを備えています。境界部には天井を支える太い柱があるため、ホームとコンコースは空間的に分離されています。(↓)

 

f:id:yurikazunopapa:20160331191706j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331191728j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331191803j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331191827j:plain

(断面図は、仮屋崎圭司先生の報告論文より引用(一部改変)) 

 

列車が到着すると、降車客はホーム上を列車と平行して移動することなく、列車と垂直方向にホームを横断して中央のコンコースへ移動し、コンコースの両端のエスカレーターへ向かって流れていく動線構造になっています。このため、降車した乗客はホームに滞留する乗車客と錯綜することはほとんどなく、円滑な乗降が可能となっています。

 

f:id:yurikazunopapa:20160331210234j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331200308j:plain

 

また中央コンコースから他の路線へ乗り換える際の通路、階段は一方通行とされ、乗客の錯綜が起こらないように動線が分離されています。

 

f:id:yurikazunopapa:20160331192620j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331192041j:plain

他の路線への連絡通路は基本的に一方通行とされ、通路を歩く乗客の錯綜が生じないように動線が分離されています。

 

- エスカレーターによる乗客の流入量の制御 -

地下深くに位置する駅では、ホームと地上の往来の手段はエスカレーターしかありません。このため、大量の乗客が一度に地下のホームに押し寄せることはなく、改札からホームまではエスカレーターの輸送量に従った定常流になります。ラッシュ時には、改札機やエスカレーターの手前に乗客が滞留することはあっても、ホームやコンコースに滞留することはほとんどありません。これもホームでのスムーズな乗り降りを可能にしている要因と思われます。

 

f:id:yurikazunopapa:20160331192457j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331192709j:plain

 

f:id:yurikazunopapa:20160331193240j:plain

右側は出口です。乗車距離に関わらず定額の運賃システムを採用しているため、出口側には改札機はありません。一方、左側が入口の改札機です。ここでも、乗客の動線は完全に分離されています。

ラッシュ時には、エスカレーターの手前に乗客が滞留し、改札機を超えて駅舎の外側まで行列ができることもありますが、地下のホーム上に乗客があふれることはありません。

 

⑧ 列車の運行管理システム

- 時間帯別の等間隔運行 -

モスクワのメトロでは、時間帯別の高頻度等間隔運行が行われているため、利用者向けの時刻表はありません。

一方、運転士は列車ごとに作成された運行時刻表に基づいて運転するそうです。この運行時刻表には各駅を発車すべき時刻が5秒単位で記載され、加えて列車の運行間隔も記されています。(↓)

 

f:id:yurikazunopapa:20160331192852j:plain

列車ごとの運行時刻表の例(運転間隔は1分35秒と記載されています。)
(仮屋崎圭司先生の報告論文より引用)

 

運転士は、平常時には運行時刻表記載の出発時刻に駅を発車するよう運転し、遅延が発生した際には、時刻よりも先行列車との運転間隔を優先して運転するのだそうです。このような等間隔運行を支援するため、各駅のホームの先端部にはデジタル時計が設置されています。(↓)

 

f:id:yurikazunopapa:20160331194521j:plain

列車の進行方向のホーム先端部にデジタル時計が見えます。

 

f:id:yurikazunopapa:20160331194546j:plain

左側は現在時刻、右側は先行列車出発後の経過時間を秒単位で表示しています。運転士は、デジタル時計で現在時刻や先行列車との運転間隔を、左側の大きな鏡でドアばさみなどがないかを確認します。

 

- 短い駅での停車時間 -

東京のメトロではダイヤ上、1分程度の停車時間が設定されているのに対して、モスクワのメトロの停車時間は30秒以下に設定されています。このため、混んでいる車内では、乗客同士が声を掛け合い、次の駅で降りる客と立ち位置を交換する場面がよく見られます。

私自身も、大きなスーツケースを携えて入口付近に立ったとき、奥の方に移動するように促されたことがありました。

 

- 無駄のない合理的なシステム -

ホーム上での乗客の滞留が起こりにくい駅の構造に加えて、このような乗客同士の協力・コミュニケーションも、メトロの高頻度等間隔運行を可能にしている要因の一つのようです。

考えてみると、1分半~2分待てば次の列車が来るのなら、時刻表は必要ないでしょうし、列車の到着を告げるアナウンスも、むしろうるさいだけかもしれません。

高速で動くエスカレーター上を歩く人は多くない(モスクワのメトロのエスカレーターでは、空いているときは関西地方と同じく右側立ち)ですし、発車の際、ドアが突然、激しい勢いで閉まるため、駆け込み乗車もほとんど見かけません。

一見、乱暴でアバウトなようにみえますが、実はすべての要素が合理的・調和的に構成されていることに気づかされます。

 

このように、モスクワのメトロは駅のデザインが豪華で美しいだけでなく、低廉な運賃で機能的にも大変優れた市民の足であると感じました。モスクワに行ったら、一度はメトロに乗ってみることをお薦めします!